【第18回】初心者編(8):展示会の選び方-1

2018.10.09  展示会お役立ちコラム  

〜 効果を存分に発揮する展示会はどう選ぶ? 〜

 

こんにちは!凄い展示会セクションの浅野です。今回は展示会の選び方についてお話ししていきたいと思います。

 

展示会選びはとても重要です。出展する展示会を間違ってしまうと目的達成はおろか、時間と経費を無駄にしてしまった!なんてこともあります。しかし、展示会選びに失敗してしまう方は思っている以上にいらっしゃるのです。

そこで今回は、適切な展示会の選び方のポイントを皆様に伝授したいと思います。

 

それでは展マス、スタートです!

 

 


 

【展示会を選ぶ基準】

 

自身が掲げた出展目的を達成するためには、当たり前の話ではありますが達成できる確率の高い展示会を選ぶ必要があります。もし、展示会候補が複数あるとすれば、より高い確率で達成できる展示会を選ぶべきなのは言うまでもありません。では、何を基準にそのような展示会を選べば良いのでしょうか。

 

答えは簡単、基準にすべきは「展示会のターゲット」です。

 

 

情報を発信する人と、それに反応する人たち

展示会は情報発信の場です。それゆえに、情報を発信する相手がいなければ、展示会に出展しても意味がありません。(【第1回】展示会のWhatより)

よって、自社の商品・サービスについて情報発信したい相手(=展示会のターゲット)が多く来場する展示会を選べば良いのです。

だからこそ展マスでは【第9回~第12回】にわたり、「自社の商品が「誰」のためのもので、その中でも特に「誰」に展示会によって情報を発信したいのか。」いうことを分析し、展示会ターゲット)を明確にさせました。

 

まだ展示会ターゲットを明確にしていない!という方は、まず【第10回】初心者編(3)自己分析の方法からターゲットを明確にする作業から始めましょう。

 

 


 

【展示会選びで見るべきポイント】

「どの程の展示会ターゲットが来場しているか」の判断は、まず展示会の公式サイトを見るのが良いでしょう。その中の情報で特に見ていただきたいのは下記の3つです。

 

<トップページ・開催概要>

まず注目していただきたいのは『展示会についての説明』『テーマやキャッチコピー』など。

 

パソコン、携帯でサイトを見る人

 

 

これらは来場者が公式サイトでまず見るであろうところであり、展示会に興味を持つか否かを判断するところです。もし、あなたがこれらと自社の商品が「合っていない・ずれている」と感じるようであれば、来場者もまた同じことを思うでしょう。

そのような展示会ブースは来場者に興味を持ってもらえず、スルーされてしまう可能性が非常に高いです。逆に「合っている」と思うものであれば、来場者に興味を持ってもらえる可能性が高くなります。

 

 

さらにもう一つ注目していただきたいのは『展示会の種類』

 

展示会の種類の図

 

【第5回】展示会の種類でもお話しさせていただきましたが、展示会と一概に言っていても、展示会の主催目的によって種類が異なります。主催目的は、来場者が展示会に来場する目的に大いに関わります。

BtoB(商談会)であれば、ほとんどの来場者の目的は「情報収集」。それゆえに購入決定権のない人も多くいらっしゃいます。にも関わらず、出展目的が「その場での注文を獲得」だった場合、目的達成の可能性が低くなってしまうのです。

来場者の目的と、出展目的がマッチする展示会を選択することで、目的達成率はぐんと高くなるはずです。

 

 

<出展社に対する案内ページ>

ここで注目すべきは『来場者の情報』です。

 

情報発信する人、しかしその先には誰もいない

当たり前ですが、掲載されている来場者と展示会ターゲットが一致していなければ、興味を持ってくれる来場者は存在しない=効果の出ない展示会と言えます。

来場者向けのページと、出展社向けのページを分けているところが多いので、出展社のページ方に最低でも「来場者の対象」、+αで「過去に来場者の業種・職種」、情報豊富であれば「購入決定権の有無などが掲載されています。

来場者情報を単独でページにしているところもあるので、必ずチェックするようにしましょう。

 

 

<同時開催の展示会>

同時開催とは、コンセプトの異なる複数の展示会が同時期に開催されることです。同時開催か否かの違いは『来場者の幅広さ』の違いです。

 

展示会が開催される会場はとても広いため、展示会が同じ期間に、複数の展示会が開催されていることは珍しくありません。

しかし同時開催の展示会は、

 

同時開催である場合、1つの入館証で自由に行き来できることを表した図

 

このように、1つの入場証で全て回ることができます。来場者は興味を持った展示会以外も自由に見ることができるのです。

 

幅広い来場者が訪れることの良いところは、下記の2つ

・1つの展示会で複数のターゲットにアピールできること
思わぬターゲットが見つかるところ

 

出展目的や展示会のターゲットによっては、同時開催のある展示会に出展する方が効果をより得られる可能性があります。

 

 


 

【ここまでのまとめ】

展示会選びは、目的達成に必要不可欠な展示会ターゲットを基準に考える。展示会ターゲットの情報はまず、公式サイトから収集しよう!

 

次回は、「展示会選びでよくある失敗」について、具体的な例や解決策をお話ししていきます。どうぞお楽しみに!

 

 

展示会マスターへの道はまだまだ続く・・・

 

 


 

 

▼要チェック!ゼンシンのお役立ち情報▼

 

” 成果が上がる ”展示会ノウハウを伝授!凄い展示会 大相談会』、開催!

 

凄い展示会ノウハウであなたの展示会が変わる!

 

「以前の展示会であまり成果が出なかった・・・」

「初出展で何をしたらいいかわからない・・・」

「今まで以上の成果を上げたい!」

 

という、展示会担当者の皆様に朗報です!

 

展示会のプロが、成果が上がる” 展示会ノウハウ ”を伝授するセミナー
+ お客様一人一人の展示会に関する” お悩み ”を解決する個別相談会

2つをかけ合わせた凄い展示会 大相談会】が10月17日(水)、関東ショールームにて開催されます!

 

詳しくはこちらをチェック 【凄い展示会 大相談会ページ凄い展示会 大相談会 専用ページ

 

知って得する凄い展示会ノウハウが盛りだくさんです!展示会で今まさに悩んでいるそこのあなた!是非奮ってお申込みくださいませ!

 


凄い展示会 大相談会のご予約はこちらから 【予約フォーム

 

◆開催概要

日時:10/17(水) 13:30〜15:00
会場:株式会社ゼンシン 関東ショールーム
住所:〒101−0052 東京都千代田区神田小川町3−7−13 ヴァンサンクビル5F

◆アクセス

・東京メトロ/地下鉄「神保町」駅 A9出口より 徒歩7分
・JR「御茶ノ水」駅 御茶ノ水橋口より 徒歩10分

 

 


展示会のプロフェッショナル
ゼンシンにお任せ!

 

凄い展示会