【展示会の接客】展示会での接客ポイントと接客方法のご紹介

2019.10.02  展示会お役立ちコラム, 展示会集客  

【展示会の接客】 

 

たとえどんなに多くの来場者が
展示会ブースに気づき、興味を持ってもらえたとしても、
その後の接客がうまくいかなければ意味がありません。

展示会出展の最大のメリットといえば「直接お客様とお話できるところ」
そのメリットを最大限に生かしたいところです。

 

この記事では、展示会接客のポイントと方法についてご紹介いたします。

展示会で初めて接客するという方や、
展示会接客でお悩みの方はぜひご覧くださいませ!

 

凄い展示会では、あらゆる展示会に関する情報を発信中!

  • 展示会出展のノウハウ
  • 展示会会場の情報
  • 展示会レポート、
  • その他、展示会関連する情報など

 

いずれかに登録すると最新情報をゲットできます!

 Facebook Twitter

 

 


■ 展示会接客のポイント

展示会接客の最大のポイントは「来場者を警戒させないこと」です。

 

最近の展示会来場者は「情報収集」「業界傾向の調査」などといった
なんとなくの目的が多く、一人一人のの滞在時間が短いです。

訪問するブースに限りがあるため、訪問する・しないブースを厳選し、
訪問しないブースには時間をかけまいと、来場者は無意識に警戒心を抱いています

 

そのため、「来場者を警戒させない接客が、展示会においては重要なのです。

 

 


 

■ 展示会の接客方法

来場者に警戒されない展示会接客の方法を、ご紹介します。

 

  1. スタッフの人員について
  2. 待機中
  3. 呼びこみ
  4. お声がけ
  5. お客様対応

 

1. スタッフの人員について

  • スタッフの人数は多ければ良いというわけではありません。
    むしろ逆効果、人数が多いと来場者は威圧感を感じます

 

  • 1小間の大きさにつき、1〜2人くらいで考えましょう。

 

 

 

2. 待機中

  • ブースに気づき興味を持った来場者が、気軽に入れる雰囲気を作りましょう
    一番良いのは、チラシの補充やブース内の整理整頓などの作業をすることです。
    何もすることがなく待機する場合は、
    ブースの前を通る来場者をあまり意識しすぎないようにしましょう。

 

  • 良くないのは、ブース内のスタッフが全員待ち構えている状態と、
    パソコンを出して仕事をする、電話でお客様対応など
    展示会以外の業務に集中してしまう状態です。
    ブースに気づき興味を持った来場者であっても、
    入りづらいと感じスルーされてしまいます。

 

 

3. 呼び込み

  • 人の流れや人通りを観察し、どこから人が来ることが多いか見極めましょう
    ブースの前を通り始めるときに呼びかけることができれば、
    興味を持ってもらいやすくなります。

 

  • 展示会によりますがBtoBの展示会ですと、全員での呼び込みや
    過度な呼び込みは、来場者は威圧感を感じることもあります。
    ガツガツ呼び込みをするのは避け、待機と呼び込むを役割分担して行いましょう。

 

  • どんなものを取り扱っているのかが瞬時にわかる、
    商品を一言で言い表した一文を言いましょう
    おすすめなのは、展示会ブースのキャッチコピーです。
    同じ言葉を発することで、展示会ブースの印象も残りやすくなります。

 

 

4. お声がけ

  • ファーストコンタクトとして、チラシをお渡ししましょう
    チラシは大抵の方が受け取ってくれるので、おすすめです。
    展示会接客が初めてのかたでも、お声がけしやすいと思います。
    興味を示したお客様に笑顔で「よろしければこちらどうぞ!」
    と、チラシをお渡ししましょう。

 

  • お声がけするのは呼びかけの際に興味を示す、
    展示商品・商品説明パネル・モニターの映像を見ているなど、
    商品に興味がありそうな来場者に絞って、お声がけすればOKです。

 

  • すぐにお声がけせず、少し時間を置いてからお声がけするのがコツです。
    なぜなら、来場者は警戒心から「まずは一人で吟味したい」
    という気持ちがあるからです。その間、その方が何に興味を持っているか見ておくと、
    お声がけしたときに話がしやすくなります。

 

 

5. お客様対応

 

  • お声がえした次のステップとして、
    見ている商品があれば「こちらの商品が気になりますか?」
    何に興味を示しているかわからない場合は「何か気になるものございましたか?」
    といったように、まずはお客様の話を聞いてみましょう

 

  • お客様の話を聞くと、来場した目的や悩み・課題など、
    興味を持った理由を聞き出すことができ、そこから商品の話に入っていきます。
    話を聞いた上で、お客様に合った商品を提案することで、
    後の名刺交換や商談、アポに繋がりやすくなります。

 

 

 


 

■ 最後に

展示会の接客ポイントと方法についてお話させていただいました。

展示会接客の最大ポイントである「来場者を警戒させないこと」は、
来場者の気持ちになって行動ことが大切です。

 

また可能であれば、出展する展示会に足を運び、
来場者の様子や出展者の接客を観察して、
どのような接客が適しているかを見てみると、より良い接客が期待できます。

 

展示会成功の秘訣がこの一冊に!「凄い展示会ノート」の請求はこちら

目標設定、ターゲット設定、展示会前・後の集客など

展示会出展を成功させるためには展示会ブース以外にも、すべきこと・意識すべきことがたくさんあります。

 

凄い展示会では、展示会出展のノウハウが詰まった「凄い展示会ノート」を無料で提供しています!

展示会初出展・初担当という方に特におすすめです!

 

 

■こちらの記事もおすすめ

 

展示会ブースは来場者がブースに気づく・興味を持つ「きっかけ」を作る役割です。
人が集まる展示会ブース+来場者を警戒させない接客で、集客効果はさらに高まります
こちらも合わせて、ぜひご覧ください。

【展示会ブースの見せ方】人が集まる展示会ブースにするには

 

 

凄い展示会では、お客様との入念な打ち合わせ・ヒアリングと、
数々のブースを手がけてきた経験を元に、ブースをご提案させていただいております。

 

「人が集まるブースにしたい」「展示会で効果を出したい!」

そんな方は、凄い展示会」にお任せください!

お電話・メールでのご注文、商品に関する
お問い合わせも承っております。

お問い合わせ

 

 Facebook Twitter

凄い展示会