凄い追客

展示会終了後もしっかりとフォロー「凄い追客」
凄い追客

展示会は会期終了後からが本番といっても過言ではありません。展示会で獲得した大切な見込み客を、本当の顧客へとランクアップしていくに、綿密な計画と、成功実績に裏付けされた追客ツールが必要です。 「凄い追客」では、展示会終了直後に行う「振り返りミーティング」からスタートし、成約率を高めるための様々な手法で見込み客を囲い込みます。 見込み客の属性やランクに応じて様々な施策が必要な追客を効率よく、効果の最大化を図ります。

フロー図
展示会終了

展示会出展お疲れ様でした!!準備期間が長ければ長いほど達成感もひとしおかと思います。 しかし、ここからが成約に向けての本番開始です。

振り返りミーティング

展示会自体の成否の振り返りと、大切な追客に向けてのスケジュールを確立させます。 どのタイミングでどういった施策をどのように行うか、など、目的達成に向けた大切な工程です。

顧客ランク設定

展示会で獲得した見込み客(名刺)をあらかじめ設定したランクに振り分けていきます。 ランク設定は非常に重要な作業になりますので、計画的に慎重におこなってください。

追客開始

振り返りミーティングで計画したスケジュール通りに「凄い追客」にある様々な追客を実践し ます。 WEBとリアルを織り合わせた「凄い追客」の真価が発揮されます。

ご成約

「凄い追客」により、ランクアップされていく見込み客が顧客へと変わる瞬間です。 展示会出展自体の目的が達成される時でもありますので、全社で共有して士気を向上させてください。

顧客のファン化

単発のお取引で終わらないのが、「凄い追客」の「凄い」所以です。 継続した「凄い追客」により、顧客が御社のファンへと進化していきます。

展示会終了後もしっかりとフォロー「凄い追客」
成約がゴールではありません。圧倒的なファンへの「育客」。

展示会だけではなく、全ての営業活動のゴールは「成約」ではありません。 「お客様にものを買っていただく」「契約を結ぶ」その後の継続的な取引の蓄積が、会社の安定化につながります。

お客様の獲得コストは新規からリピートを重ねるごとに格段に下がっていきます。
CUSTOMERLIFETIMEVALUE

LTV(ライフタイムバリュー)の最大化を目指す。

LTVとはライフタイムバリューの略で「顧客生涯価値」と訳されます。1人1人の顧客がある製品や企業に対して付き合っている間に支払う金額合計から、その顧客を獲得・維持するための費用合計を差し引いた「累積利益額」です。つまり企業から見て、ある顧客がその企業と取引している間にどれだけの価値(利益)をもたらしてくれるかを測定する、長期的な視点での指標がLTVです。 LTVの最大化を目指すためには、顧客との接点(内容と頻度)を強化し、 顧客から「ファン」へと『育客』していく必要があります。「凄い追客」のツールを活用し、 「見込み客→顧客→優良顧客→ファン」と、顧客を育客していくことで、LTVの最大化を図ります。

展示会

「凄い集客」と「凄いブース」の効果で集まった来場者とできるかぎりの名刺交換をしてください。

顧客ランクリスト化

無駄のない営業活動のために見込み客を其々定義化したランクに振り分けます。

追客用LPで訴求

あらかじめ用意した追客用のランディングページに見込み客を誘導します。

セグメントメール配信

ランクごとに異なるメールを定期的に配信します。ステップメールの活用が可能です。

リストに則った

ランクごとにリアル営業を開始します。一連の流れの中での営業なので、効率よく進めることができます。

ご成約

ここで一旦の成果がでます。しかしここからが顧客のファン化がはじまります。

ファン育客

WEBサイトやセグメントメールなどで定期的なアクションを行います。SNSでの配信も忘れずに!!

顧客のファン化

ファン化した顧客はSランクに属し、営業コスト削減と、購入頻度・客単価の向上に貢献します。

展示会終了後もしっかりとフォロー「凄い追客」
ココで差がつく!「凄いブース」追加オプション!!
展示会終了後もしっかりとフォロー「凄い追客」
凄い展示会